一般財団法人 東京顕微鏡院 > about us > 社会への貢献 > 食の安全を確保するための微生物検査協議会 第1回 研修会

食の安全を確保するための微生物検査協議会 第1回 研修会

社会への貢献

特定非営利活動法人 食の安全を確保するための微生物検査協議会

本協議会について

23年度研修会の抄録も収められた会誌創刊号

23年度研修会の抄録も
収められた会誌創刊号

我が国における食中毒患者数は年間3万人に達し、実際の総数はその50~700倍に達するとも推定されます。その原因の多くが微生物に由来しており、食品の微生物学的安全性確保を図るとともに、市民の食品の安全性に対する不信感を払しょくすることは急務となっています。

本協議会は平成15年に設立され、平成23年3月22日に東京都知事より特定非営利活動法人の認可を受けました。当財団の伊藤武理事、山縣文夫理事、坂井千三学術顧問(第1期 平成15~16年度)、遠山一郎調査研究室室長が役員として参加し、講演会や研修会の開催、出版などの活動を行っています。

ホームページ:
特定非営利活動法人 食の安全を確保するための微生物検査協議会
※会員を募集しております。入会のご案内 >>

第1回研修会が開催され、伊藤武理事が講演を行いました

「特定非営利活動法人 食の安全を確保するための微生物検査協議会 第1回研修会」が開催され、
伊藤 武理事が講演を行いました。

日時
2011年11月30日水曜日 午後12時30分~16時00分
会場
中央区立日本橋公会堂 4階ホール (日本橋劇場)
(東京都中央区日本橋蛎殻町1-31-1  中央区日本橋区民センター内)
内容

◆講演1 
腸管出血性大腸菌O157およびNonO157による健康被害
講師:伊藤 武 
 
講演2
生食用食肉(牛肉)における腸管出血性大腸菌及びサルモネラ属菌のリスク評価
講師:豊福 肇 / 国立保健医療科学院 国際協力研究部
 
講演3
生食肉の基準に取り上げられたEnterobacteriaceae(腸内細菌科菌群)試験法-その背景と試験法解説―
講師:五十君 静信 / 国立医薬品食品衛生研究所 食品衛生管理部
 
参考展示
当協議会の賛助団体会員の皆様のご協力を得て、研修内容に関連した展示を行いました。

お問い合わせ
食の安全を確保するための微生物検査協議会 事務局
Tel & Fax: 042-529-6256
e-mail:info@foodsafety-bikyo.com

 

なお、担当者が不在の場合がありますので、ご面倒ですがなるべくファクシミリまたはメールでお問合せ下さい。

検査のお申し込みはこちら
食と環境の科学センター
関連施設
ページの先頭へ戻る