一般財団法人 東京顕微鏡院 > about us > 社会への貢献 > 第7回 練馬区食の安全・安心シンポジウム

第7回 練馬区食の安全・安心シンポジウム

社会への貢献

第7回 練馬区食の安全・安心シンポジウム「本当はどうなの?肉の生食を考える」

主催 練馬区
日時 2011年10月29日(土)14:00~16:00
会場 練馬区役所 地下多目的会議室(練馬区豊玉北6丁目12番1号)
内容

第7回 練馬区食の安全・安心シンポジウム
本当はどうなの?肉の生食を考える

基調講演:(財)東京顕微鏡院 理事 伊藤 武
パネルディスカッション
コーディネーター:順天堂大学医学部公衆衛生学教室 堀内 逸子

 

 

 

練馬区の主催で「肉の生食」をテーマとしたシンポジウムが開催され、当法人の伊藤武理事が基調講演を行いました。
パネルディスカッションでは、生食のリスクや食文化など、いろいろな方向から意見の交換が行われました。入場者は64名を数え、充実した内容となりました。

お問合せ 〒176-8501 東京都練馬区豊玉北6丁目12番1号
練馬区保健所生活衛生課 食品衛生担当係 TEL:03-5984-4675
検査のお申し込みはこちら
食と環境の科学センター
関連施設
ページの先頭へ戻る