一般財団法人 東京顕微鏡院 > about us > プレスリリース > セミナー「働き世代から始める、健康寿命を延ばす口腔ケア!~全身の健康と口腔の密接な関係とは」

セミナー「働き世代から始める、健康寿命を延ばす口腔ケア!~全身の健康と口腔の密接な関係とは」

プレスリリース

プレスリリース

報道関係各位

平成25年7月26日

無料健康セミナー
シリーズ「働きざかりから始める、人生80年時代の健康づくり」第15回
「働き世代から始める、健康寿命を延ばす口腔ケア!~全身の健康と口腔の密接な関係とは」

平成25年9月4日(水) 女性就業支援センターにて

 一般財団法人東京顕微鏡院・医療法人社団 こころとからだの元氣プラザ(東京都千代田区、理事長 山田匡通)は平成25年9月4日(水)18:30~20:30(開場18:00)、女性就業支援センター(港区芝)において、シリーズ『働きざかりから始める、人生80年時代の健康づくり』第15回セミナー「働き世代から始める、健康寿命を延ばす口腔ケア!~全身の健康と口腔の密接な関係とは」を開催します。参加費は無料、先着順で250名まで、事前申し込みによりどなたでもご参加いただけます。

わが国では超高齢社会の到来とともに介護を必要とする人が増えています。近年、認知症や寝たきりといった問題や生活習慣病に、口や歯の健康が深く関わっていることが分かってきました。 自立した生活を送れる“健康寿命”を延ばすためには、働きざかりから始める「口の健康」維持がキーポイントになります。

 今回のセミナーでは、歯周病や口腔感染症がご専門で、長年、口腔と全身の健康の関係について研究されている独立行政法人国立長寿医療研究センター 口腔疾患研究部 部長 松下健二先生が、口腔と全身の健康の関わり、歯の喪失とがん・認知症との関係、働きざかりから始める“機能的  口腔ケア”などをわかりやすくご紹介します。

 一昨年創立120周年を迎えた一般財団法人東京顕微鏡院と医療法人社団こころとからだの元氣 プラザは、長年にわたり、社会貢献事業として、食と環境、健康・医療分野のさまざまなテーマで講演会・セミナー・シンポジウムを開催しており、多くの皆さまにご好評をいただいております。今後も暮らしに役立つセミナーを予定しており、皆さまの生活をサポートさせていただきます。

報道機関からのお問合せ先:
一般財団法人東京顕微鏡院 公益事業室 担当 水戸、 三橋(みつはし)Tel03-5210-6651
ホームページ:http://www.kenko-kenbi.or.jp

 

検査のお申し込みはこちら
食と環境の科学センター
関連施設
ページの先頭へ戻る