HOME > 年譜・業績 > 遠山椿吉の業績

ここでは、著作物から読み解く遠山椿吉像をご紹介します。
(文責: 伊藤 武


ファイルイメージ

1. 明治30年制定「伝染病予防法」に関する意見書、「伝染病菌携帯者と其予防法」(0.7MB)



ファイルイメージ

2. 脚気の研究(1.5MB)

2-1. 実験科学に基づいた研究から、脚気発生の伝染病説を否定

2-2. 脚気の原因追求と米糠の特殊栄養成分である「うりひん」について



ファイルイメージ

3.水道事業の推進と水質検査法の確立・普及活動(2.0MB)

3-1. 東京市における安全な飲料水の提供

3-2. 水質試験法と上水協議会の設立

3-3. 水道の普及による伝染病発生の減少



ファイルイメージ

4.結核撲滅に関する活動(2.0MB)

4-1. 結核菌検査法の確立と感染経路の解明

4-2. 結核予防の取り組みと政府への提言

4-3. 国際学会への参加と欧米都市の衛生状況の視察new

医学博士遠山椿吉の業績 1~4 全ファイル


ファイルイメージ

医学博士遠山椿吉の業績(6.0MB)

 

伊藤 武: 
獣医学博士。元東京都立衛生研究所 微生物部長。
平成10年財団法人東京顕微鏡院 食と環境の科学センター所長に就任し、平成21年より同法人理事。 
専門は、微生物による食中毒細菌の病原性、生態学、検査法ならびに微生物コントロール。
麻布大学客員教授、文部科学省 学校給食における衛生管理の改善・充実に関する調査研究協力者会議委員、清涼飲料水HACCP支援法委員会理事長、元東京都食品安全情報評価委員会委員長なども務める。