HOME > 東京顕微鏡院とその時代 > 外交官 安達 峰一郎

東京顕微鏡院創立25年兼改築落成記念祝賀会では、安達峰一郎メキシコ特命全権公使が祝辞を述べました。安達峰一郎は、遠山椿吉と同郷の山形県東村山郡山邊村(現山辺町)出身で、椿吉の弟彌十とは同級生で竹馬の友でした。


「東京顕微鏡院創立25年兼改築落成・記念祝賀会」
1916(大正5)年「東京顕微鏡学会雑誌」第23巻3号


ファイルイメージ

東京顕微鏡学会雑誌23巻3号(PDF:0.9MB)

【 安達峰一郎氏略歴 】 

明治2年6月19日 山辺町高楯の安達久左衛門家に長男として生まれる。
明治22年 東京帝国大学法科大学入学。国際法を中心に研鑚を積み、仏、伊、英の
3ヶ国語に熟達した。
明治25年7月 東京帝国大学卒業。
明治25年9月 外務省に入省。
明治26年 イタリア在勤、外交官生活が始まる。
明治38年7月 日露ポーツマス講和会議全権団の一員として全権を補佐し活躍する。
明治40年 法学博士の学位を受ける。
明治41年 条約改正取調委員となる。
大正2年 メキシコ公使として赴任。
大正3年 第一次世界大戦勃発する。
大正5年 東京顕微鏡院創立25周年兼改築落成記念会、参列。
大正6年  ベルギー公使となる。
大正8年 パリ講和会議全権随員として各種委員会に出席して活躍。
大正9年 第1回国際連盟総会日本代表随員を拝命。
大正10年 ベルギー大使、国際連盟日本代表となり、以後、第10回総会まで日本代表
を務める。
大正13年 「ジュネーブ議定書」で孤軍奮闘する。
大正14年 帝国学士院会員となる。
昭和2年 フランス大使となる。
昭和4年 ハーグの対独賠償会議で仏・英の対立を調停、会議を成功に導く。
昭和5年 常設国際司法裁判所判事に最高点当選。
昭和6年 同裁判所長となる。
昭和9年12月28日 永眠
昭和10年1月 オランダ国葬、常設国際司法裁判所所葬で送られる。

(参考:HPやまのべ人物伝)