HOME > 東京顕微鏡院とその時代 > 顕微鏡院卒業式

 卒業試験を無事合格すると、晴れて卒業式となります。卒業式や記念撮影など、現代と同様の行事が行われると同時に、当時は天然痘疱などの標本も展示され、顕微鏡で縦覧していました。
1896(明治29)年「顕微鏡」第11号*


ファイルイメージ

顕微鏡院卒業式