HOME > トピックス > 結核予防の普及啓発

結核予防劇

1917(大正6)年当時、死亡率(対十万人)が男性212.1人、女性249.1人と主要死因において死亡率第一位であった結核について、その知識を普及啓蒙するため結核予防劇を上演し、遠山椿吉は日本結核予防協会理事として、北里柴三郎らとともに幕間に予防劇上演の主旨を述べました。

※日本の長期統計系列 第2章人口・世帯 主要死因,男女別死亡率(明治32~平成16年)


「結核予防劇 回る春」
作:久米 正雄 監督:小山内 薫 
会場:東京丸の内有楽座
上演期間:1917(大正6)年5月21~27日
 1917(大正6)年「東京顕微鏡学会雑誌24巻4号」*


ファイルイメージ

結核予防劇(2.0MB)



「結核征伐の歌」
 1927(昭和2)年「人類の敵」**


ファイルイメージ

結核征伐の歌(0.4MB)

日本結核予防協会の活動写真

結核予防劇に続き、遠山椿吉は、結核の知識の普及啓蒙を図るべく、佐藤敏夫・長田幹彦著「悪鬼の生涯」を脚色し、活動写真映画の製作に貢献しました。


「日本結核予防協会の活動写真試映」
 1918(大正7)年「東京顕微鏡学会雑誌25巻3号」*


ファイルイメージ

日本結核予防協会の活動写真試映(1.1MB)

結核予防法発布

中央衛生会の諮問を経て、結核予防法が制定されました。1919(大正8)年に公布されたこの結核予防法は、1951(昭和26)年に新たに結核予防法が制定されるまで、32年間にわたり結核予防対策の基本となりました。
また、日本結核予防会では、結核予防法発布を記念して、結核予防に関する注意書きを飛行機より空中散布しました。


「法律第二十六号 結核予防法」 
 1919(大正8)年「東京顕微鏡学会雑誌26巻3号」*


ファイルイメージ

法律第二十六号 結核予防法(1.1MB)



「結核予防協会の事業」
 1919(大正8)年「東京顕微鏡学会雑誌26巻3号」*


ファイルイメージ

結核予防協会の事業(2.0MB)

*国立国会図書館所蔵

**公益財団法人結核予防会結核研究所所蔵