一般財団法人 東京顕微鏡院 > 公益事業 > 出版物 > 【小冊子】シリーズ「働きざかりから始める、人生80年時代の健康づくり 18」

【小冊子】シリーズ「働きざかりから始める、人生80年時代の健康づくり 18」

出版物
booktitle

人生80年時代をキーワードに、健康長寿をテーマに開催したセミナーをもとにして、冊子を作成しました。
働きざかり世代の健康づくりに役立つ内容をご紹介しています。

表紙:【小冊子】シリーズ「働きざかりから始める、人生80年時代の健康づくり 17」シリーズ「働きざかりから始める、人生80年時代の健康づくり」 
18. 働き世代から始める禁煙とCOPD対策
   ~ COPD予防と治療の最前線  
(2015年7月発行)

   「予防医学の最前線
    ~喫煙による健康への影響やCOPDの早期発見~

   別役 智子 慶應義塾大学医学部 内科学教室呼吸器内科 教授

   「COPDの病態と治療~合併症の怖さをご存知ですか?~」
   金澤 實 埼玉医科大学病院病院長 呼吸器内科 教授

    頒価:350円  


【 目次 】

  • はじめに

  • 「予防医学の最前線~喫煙による健康への影響やCOPDの早期発見~」
     別役 智子 / 慶應義塾大学医学部 内科学教室呼吸器内科 教授

    • タバコが健康に及ぼす影響 

    • COPD(慢性閉塞性肺疾患)とはどのような病気か

    • COPDの予防で大切なこと

  • 「COPDの病態と治療~合併症の怖さをご存知ですか?~」
     金澤 實 / 埼玉医科大学病院病院長 呼吸器内科 教授

    • COPD(慢性閉塞性肺疾患)はタバコによる生活習慣病 
    • COPDの治療(1)「禁煙とワクチン」で悪化を防ぐ!  
    • COPDの治療(2)吸入薬で呼吸機能を改善する!  
    • COPDの治療(3)増悪(ぞうあく)のサインを見逃さない!
  • フリーディスカッション

【 内容紹介 】

現在でも、日本人の20.1%、およそ2,200万人がタバコを吸っており、年間全死亡者数の約1割(平成22年)に相当する約129,000人が能動喫煙で死亡しており、受動喫煙では約6,800人が死亡していると推計されています。

肺の生活習慣病とも呼ばれるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)は、国内の死因の中で9位、男性に限ると7位となっている危険な病気です。

本書では、予防医学の最前線から別役先生に禁煙と受動喫煙の健康影響や早期発見のポイント、治療の最前線から金澤先生に最新の治療法をわかりやすく紹介いただいています。

 

項目 価格
18. 働き世代から始める禁煙とCOPD対策
  ~COPD予防と治療の最前線
頒価350円

 

お申込み
以下のボタンより表示されるお申込みフォームにて、
必要事項をご記入の上お申込みください。

Webお申込み

 

公益事業
遠山椿吉賞
セミナー
シンポジウム・研修会
出版物
次世代の育成
地域社会への貢献
公益事業の活動報告
東京顕微鏡院Youtube公式チャンネル
社会貢献活動
学会・研究会活動
日本食品微生物学会
日本カンピロバクター研究
公益事業室
一般財団法人 東京顕微鏡院
公益事業室

TEL: 03-5210-6651
FAX: 03-5210-6671
検査のお申し込みはこちら
食と環境の科学センター
関連施設
ページの先頭へ戻る