一般財団法人 東京顕微鏡院 > 公益事業 > 出版物 > 【小冊子】シリーズ「働きざかりから始める、人生80年時代の健康づくり 10~12」

【小冊子】シリーズ「働きざかりから始める、人生80年時代の健康づくり 10~12」

出版物


人生80年時代をキーワードに、大腸がんと過敏性腸症候群、糖尿病、心臓病と脳卒中をテーマに開催したセミナーをもとに、冊子を作成しました。

大腸がんの早期発見・治療の大切さや、ストレスが原因の腸の不調、自覚症状のない糖尿病の進行を防ぐ方法、心臓病や、脳卒中の原因となる動脈硬化を予防するための生活習慣など、働き盛り世代の健康づくりに役立つ内容をご紹介しています。

「働きざかりから始める,人生80年時代の健康づくり1~3」はこちら >>

「働きざかりから始める,人生80年時代の健康づくり4~6」はこちら >>

「働きざかりから始める,人生80年時代の健康づくり7-9」はこちら >>

10. あなたの腸は大丈夫?大腸がんと過敏性腸症候群(IBS)対策

日比 紀文
慶應義塾大学医学部消化器内科 教授

大腸がんは早期発見・治療ができれば、ほぼ完治できます。検診への心理的抵抗が大きく、進行した状態で発見される傾向にありますが、進行がんでも、新薬の開発により治療成績は著しく改善されています。また、ストレス等による過敏性腸症候群で、日常生活に障害をきたす方が増加しています。

腸の不調の原因や予防方法、検診の重要性などをわかりやすくご紹介しています。

 
11. なぜ減らない!糖尿病の実態と予防対策

岩本 安彦
東京女子医科大学 常務理事 名誉教授

糖尿病は自覚症状がないため、そのまま放置して症状が進行し、血管や神経が障害され合併症を併発したり、人工透析が必要な状態になるなど、深刻な事態に陥る方も少なくありません。

糖尿病の予防や早期治療の重要性、進行を防ぐにはどうしたらよいかなどを、わかりやすく解説しています。

 
12. 働き世代の心臓病・脳卒中対策~コレステロールとどう付き合うか

寺本 民生
帝京大学医学部長・内科教授

心臓病と脳卒中を引き起こす動脈硬化の危険因子として、血中の悪玉コレステロールの増加や高血圧が挙げられます。

これらの“血管疾患”を予防するにはどのような生活を送ればいいのか、コレステロール対策を中心に、動脈硬化予防についてわかりやすくまとめています。

 
項目 価格
(10) あなたの腸は大丈夫?大腸がんと過敏性腸症候群(IBS)対策 頒価 250円
(11) なぜ減らない!糖尿病の実態と予防対策 頒価 250円
(12) 働き世代の心臓病・脳卒中対策!~コレステロールとどう付き合うか 頒価 250円
(10)~(12) 3巻セット 特別価格 500円

お申込み
以下のボタンより表示されるお申込みフォームにて、
必要事項をご記入の上お申込みください。

Webお申込み

 

バックナンバー


公益事業
遠山椿吉賞
セミナー
シンポジウム・研修会
出版物
次世代の育成
地域社会への貢献
公益事業の活動報告
東京顕微鏡院Youtube公式チャンネル
社会貢献活動
学会・研究会活動
日本食品微生物学会
日本カンピロバクター研究
公益事業室
一般財団法人 東京顕微鏡院
公益事業室

TEL: 03-5210-6651
FAX: 03-5210-6671
検査のお申し込みはこちら
食と環境の科学センター
関連施設
ページの先頭へ戻る