一般財団法人 東京顕微鏡院 > 公益事業 > 出版物 > 【単行本】ありがとうおかげさま~いのちとは何か生きるとは何か

【単行本】ありがとうおかげさま~いのちとは何か生きるとは何か

出版物

ありがとう おかげさま ~ いのちとは何か 生きるとは何か

ありがとう おかげさま ~ いのちとは何か 生きるとは何か

今こそ問われる人類最大のテーマを、各界6人の英知が渾身の思いを込めて語る。生きる意味、生かされている真理、いのちの原点を見つめて。大人から子供まで、すべての人びとが求めている心に響く本です!

定価:1,800円(税込)
発行:株式会社海竜社

当法人創立115年目、医療法人設立3年目を迎えるにあたり、世の中のためになる記念事業をと考え、「いのちと生き方」をテーマにしたシンポジウムを2005年4月に開催いたしました。

1300人の参加者を感動の渦に巻き込んだこのシンポジウムの内容とメッセージをより多くの方々にお伝えしたいと、両法人の当時の理事長下村満子が編集者となり、一冊の本にいたしました。 「ありがとう おかげさま」というのは著者皆さまのメッセージに共通するキーワードです。

内容より

第1章  人生にも経営にも通じるいのちの生かし方
指南役: 稲盛和夫
– 京セラ株式会社名誉会長
– KDDI株式会社最高顧問

第2章  遺伝子を「オン」にしていのちを輝かす
指南役: 村上和雄
– 筑波大学名誉教授
– 財団法人国際科学振興財団理事・バイオ研究所長

第3章  統合医療・・・・伝統の知恵と近代医学の融合
指南役: 渥美和彦
– 東京大学名誉教授
– 日本統合医療学会理事長
– 日本代替・相補・伝統医療連合会議理事長

第4章  21世紀の物理学でいのちに迫る
指南役: 米沢富美子
– 慶應義塾大学名誉教授
– 京都大学理学博士
– 物理学者

第5章  人知を超えた宿命を生かし運命に学ぶ
指南役: 中森じゅあん
– 「日本算命学協会」代表
– 「樹の会」「花の会」主宰
– 「バイオシンセシス・インターナショナル」名誉会員

終章  ありがとう、おかげさま
編著者: 下村満子
– ジャーナリスト
– 経済同友会副代表幹事
–  財団法人東京顕微鏡院及び医療法人社団こころとからだの元氣プラザ 理事長
  

公益事業
遠山椿吉賞
セミナー
シンポジウム・研修会
出版物
次世代の育成
地域社会への貢献
公益事業の活動報告
東京顕微鏡院Youtube公式チャンネル
社会貢献活動
学会・研究会活動
日本食品微生物学会
日本カンピロバクター研究
公益事業室
一般財団法人 東京顕微鏡院
公益事業室

TEL: 03-5210-6651
FAX: 03-5210-6671
検査のお申し込みはこちら
食と環境の科学センター
関連施設
ページの先頭へ戻る