一般財団法人 東京顕微鏡院 > 食と環境の科学センター > 食品等の検査 > 理化学的試験検査 > 内分泌攪乱化学物質

内分泌攪乱化学物質

理化学的試験検査

内分泌かく乱化学物質とは、環境中に存在する化学物質のうち、生体にホルモン様作用をおこしたり、逆にホルモン作用を阻害するもので、「内分泌系に影響を及ぼすことにより、生体に障害や有害な影響を引き起こす外因性の化学物質」と定義されています。

内分泌かく乱作用を有すると疑われる物質は、ポリ塩化ビフェニール類(PCB)、トリブチルスズ(船底塗料等)、ビスフェノールA(樹脂の原料)、フタル酸塩(プラスティックの可塑剤)等が挙げられています。

ダウンロード
検査依頼書
食と環境の科学センター
【 豊海研究所 】
〒104-0055
東京都中央区豊海町5-1
豊海センタービル4F
TEL: 03-3534-2970
FAX: 03-3534-2975

【 立川研究所 】
〒190-8535
東京都立川市高松町1-100-38
TEL: 042-525-3176
FAX: 042-525-3645
簡易専用水道専用
TEL: 042-525-3186

【 市ヶ谷本院 】
〒102-8288
東京都千代田区九段南4-8-32
市ヶ谷本院5F
TEL: 03-3238-2137
FAX: 03-3238-2153
関連施設
ページの先頭へ戻る