一般財団法人 東京顕微鏡院 > 食と環境の科学センター > 食品等の検査 > 理化学的試験検査 > 食品添加物

食品添加物

理化学的試験検査

食品添加物とは食品衛生法において、「食品の製造の過程において、又は食品の加工もしくは保存の目的で食品に添加、混和、浸潤その他の方法によって使用するもの」と定義されています。

食品添加物の分類

食品添加物は、その用途により次の5種類に分類できます。

  • 食品の製造に必要なもの
  • 食品の保存性を高め、食中毒を予防するもの
  • 食品の品質を向上させるもの
  • 食品の風味、外観を良くするもの
  • 食品の栄養価を補充強化するもの

食品添加物の種類

当科学センターでは食品添加物について、様々な検査を行っています

保存料

ソルビン酸、プロピオン酸、デヒドロ酢酸、安息香酸、パラオキシ安息香酸エステル類、その他

着色料

合成タール系色素、その他

甘味料

サイクラミン酸、サッカリン、アセスルファムカリウム、スクラロース、その他

発色剤

亜硝酸ナトリウム

漂白剤

二酸化イオウ

酸化防止剤

BHA、BHT、EDTA、没食子酸プロピル、その他

乳化剤

ポリソルベート

その他不許可添加物

 

ダウンロード
検査依頼書
食と環境の科学センター
【 豊海研究所 】
〒104-0055
東京都中央区豊海町5-1
豊海センタービル4F
TEL: 03-3534-2970
FAX: 03-3534-2975

【 立川研究所 】
〒190-8535
東京都立川市高松町1-100-38
TEL: 042-525-3176
FAX: 042-525-3645
簡易専用水道専用
TEL: 042-525-3186

【 市ヶ谷本院 】
〒102-8288
東京都千代田区九段南4-8-32
市ヶ谷本院5F
TEL: 03-3238-2137
FAX: 03-3238-2153
関連施設
ページの先頭へ戻る