一般財団法人 東京顕微鏡院 > 食と環境の科学センター > 食品等の検査 > トピックス : 食品等の検査 > 【速報】腸管出血性大腸菌O157食中毒の原因食品はユッケや生レバ-だけではない。

【速報】腸管出血性大腸菌O157食中毒の原因食品はユッケや生レバ-だけではない。

トピックス : 食品等の検査

2012年8月16日
財団法人東京顕微鏡院 理事 伊藤 武

速報

今年(平成24年)の8月3日ごろから北海道において10ヵ所の高齢者施設で腸管出血性大腸菌O157の流行があり、2名が死亡、100名以上の患者発生が報告された。札幌市の調査から漬物工場で製造された白菜の浅漬から患者と同一の腸管出血性大腸菌O157が検出され、白菜の浅漬を原因食品とする食中毒であるとされた。
腸管出血性大腸菌の原因食品はユッケや生レバ-、焼肉などの食肉以外にサラダや漬物があり、注意が喚起されていた。 これまでに報告された野菜漬物によるO157食中毒3事例の概要を表に示した。

食品中の腸管出血性大腸菌O157の検査についてはこちら

 


トピックス一覧へ

 

ダウンロード
検査依頼書
食と環境の科学センター
【 豊海研究所 】
〒104-0055
東京都中央区豊海町5-1
豊海センタービル4F
TEL: 03-3534-2970
FAX: 03-3534-2975

【 立川研究所 】
〒190-8535
東京都立川市高松町1-100-38
TEL: 042-525-3176
FAX: 042-525-3645
簡易専用水道専用
TEL: 042-525-3186

【 市ヶ谷本院 】
〒102-8288
東京都千代田区九段南4-8-32
市ヶ谷本院5F
TEL: 03-3238-2137
FAX: 03-3238-2153
関連施設
ページの先頭へ戻る