一般財団法人 東京顕微鏡院 > 食と環境の科学センター > 水質検査 > トピックス : 水質検査 > レジオネラ症の発症例

レジオネラ症の発症例

トピックス : 水質検査

平成14年7月に発生した、宮崎県日向市の第3セクター経営のスーパ温泉の事故では、レジオネラ属菌の基準値10CFU/100mLの15万倍(150万CFU:細菌を計数する際の単位で、平板培地に菌が発育し形成したコロニーの数を表し、colony forming unitの略)検出されました。

給湯配管内にはヌメリ(生物膜微生物が作り出した粘液性物質で、アメーバが存在し、そのアメーバ内にレジオネラ属菌が入り込んでいる)が形成されており、そこでレジオネラ属菌が増殖したと推定されます。同施設では給湯配管内の消毒洗浄を徹底し、公衆浴場の浴槽水と同様な管理を図ることとしました。

この事故による損害賠償等は3億数千万円を要したということです。また、平成16年2月頃、A温泉地でレジオネラ属菌数が基準値を超えていたのに、何ら対策を無視していた施設が行政から改善命令が出されたと言うケースもあります。

最後に、レジオネラ症の主な発症例を表に示しました。

レジオネラ症の発症例(国内)
年月 場所 状況 発病 死者
H14年7月 宮崎県日向市 循環式温泉浴槽中に高レジオネラ菌数 295人 7人
H12年6月 茨城県石岡市 循環式浴槽水の換水・消毒不十分でレジオネラ増殖 43人 3人
H11年6月 愛知県 自宅24時間風呂で水中分娩した女児が死亡 1人 1人
H8年1月 都内 超音波加湿器のレジオネラ汚染、新生児が感染 3人 1人
H8年8月 都内 冷却水が感染源で、ポンティアック熱の発症 45人 0人

トピックス一覧へ

ダウンロード
検査依頼書
食と環境の科学センター
【 豊海研究所 】
〒104-0055
東京都中央区豊海町5-1
豊海センタービル4F
TEL: 03-3534-2970
FAX: 03-3534-2975

【 立川研究所 】
〒190-8535
東京都立川市高松町1-100-38
TEL: 042-525-3176
FAX: 042-525-3645
簡易専用水道専用
TEL: 042-525-3186

【 市ヶ谷本院 】
〒102-8288
東京都千代田区九段南4-8-32
市ヶ谷本院5F
TEL: 03-3238-2137
FAX: 03-3238-2153
関連施設
ページの先頭へ戻る