一般財団法人 東京顕微鏡院 > 食と環境の科学センター > 室内環境検査 > 検査方法

検査方法

室内環境検査

検体となる空気の採取法はいくつかありますが、実用性を鑑み主に2種の方法を採用しています。世界的に認められている分析方法、学会で評価されている分析方法など、信頼性の高い検査方法をご提供します。

主な検査方法

アクティブサンプリング法

精密ポンプを使用して一定の時間、吸着管に対象とする空気を送り込みます。

パッシブサンプリング法

多孔質の特殊なチューブに詰められた吸着材を一定時間、対象とする空気中に設置することで目的物質を集めます。本来の方法であるアクティブサンプリング法との相関を求め、本来の値に換算するための係数(拡散係数)を独自に検証して設定しています。使用する吸着管も性能が広く認められたものに限っていますので、作業環境用の簡易なものを安易に流用するようなことは決してありません。

ホルムアルデヒドのサンプリング方法及び検査方法

EPA(米国環境保護局)メソッドや厚生労働省のガイドラインに収載されている「DNPH-HPLC」による測定です。連続分析の場合は東亜DKK 社製の装置を用います。

吸引ポンプを使用し、2.4-DNPH カートリッジに吸着させる方法

サンプリング時間: 30分~24時間

分析方法: DNPH 誘導体化固相吸着/溶媒抽出-高速液体クロマトグラフ法

DSD-DNPH サンプラーを使用する方法

サンプリング時間: 8時間~

分析方法:DNPH 誘導体化固相吸着/溶媒抽出-高速液体クロマトグラフ法 

VOCのサンプリング方法および検査方法

VOCsはアクティブ採取でもパッシブ採取でもGC/MSによる分析です。簡易であっても精度の劣るGC/FIDによる分析は行いません。前処理装置は感度の高いATD法、汎用性のある二硫化炭素抽出法のどちらも対応できます。

吸引ポンプを使用し捕集管に吸着させサンプリングし、固相吸着/溶媒抽出法、固相吸着/加熱脱着法とガスクロマトグラフ/質量分析法の組み合せにより検査します。

TVOCのサンプリング方法および検査方法

テナックス捕集、加熱脱着-GC/MS法を採用しております。
 

お問合せ
一般財団法人 東京顕微鏡院 食と環境の科学センター 営業本部
〒190-8535 東京都立川市高松町1-100-38
TEL:042-525-3176/FAX:042-525-3645
ダウンロード
検査依頼書
食と環境の科学センター
【 豊海研究所 】
〒104-0055
東京都中央区豊海町5-1
豊海センタービル4F
TEL: 03-3534-2970
FAX: 03-3534-2975

【 立川研究所 】
〒190-8535
東京都立川市高松町1-100-38
TEL: 042-525-3176
FAX: 042-525-3645
簡易専用水道専用
TEL: 042-525-3186

【 市ヶ谷本院 】
〒102-8288
東京都千代田区九段南4-8-32
市ヶ谷本院5F
TEL: 03-3238-2137
FAX: 03-3238-2153
関連施設
ページの先頭へ戻る