一般財団法人 東京顕微鏡院 > 食と環境の科学センター > 水質検査 > トピックス : 水質検査 > レジオネラ症感染危険要因の点数化

レジオネラ症感染危険要因の点数化

トピックス : 水質検査

下の表はビルの用途・使用水によりレジオネラ症感染危険要因を点数化したものです。点数が多いほどレジオネラ属菌の水質検査や、清掃・消毒による維持管理をする必要性が高くなります。

感染危険要因としては次ぎの三つの条件が示され、さらに、危険度に合わせて点数化されています。

レジオネラ症感染危険要因の点数化

エアロゾル化

  1. 給湯水・浴槽水・修景水 ⇒ 1点
  2. 冷却水 ⇒ 2点
  3. 加湿器・シャワー水・ジャグジー ⇒ 3点

周辺環境

  1. 通常の環境 ⇒ 1点
  2. エアロゾルが流れ込み易い場所 ⇒ 2点
  3. 閉鎖環境 ⇒ 3点
  4. ネブライザー(人工呼吸器) ⇒ 4点

対象となるヒト

  1. 健常者 ⇒ 1点
  2. 喫煙者・慢性呼吸器疾患 ⇒ 2点
  3. 高齢者・乳幼児 ⇒ 3点
  4. 手術後の患者 ⇒ 4点

となっており、上記を組み合わせて点数が多いほど、維持管理の内容も厳しくなってきます。

点数と維持管理の関係

  • 3点以下:常に設備の維持管理に心がけ、必要に応じてレジオネラ属菌の検査を実施
  • 4~5点:1回/年、設備の稼動初期にレジオネラ属菌の検査を実施
  • 6~7点:2回/年、設備の稼動初期と稼動期間中にレジオネラ属菌の検査を実施
  • 8点以上:3回/年、設備の稼動初期と稼動期間中にレジオネラ属菌の検査を実施

上記に基づきレジオネラ属菌の水質検査を行った結果、厚生労働省の指針値である100mL中10CFUを超えた場合は、清掃・消毒を行った後、再度、水質検査を行い10CFU/100mL未満であることを確認しなければなりません。また、シャワー水やジャグジー水のようにエアロゾル化しているものは、レジオネラ属菌がエアロゾル中に混入して、肺に吸入する率が高いので、常に10CFU/100mL未満を目標値としています。

表1 感染危険要因の点数化
 ※レジオネラ症防止指針より
対象水 病院 老人施設 特定建築物 営業用
給湯水 4~6点 4~5点 3~4点  
冷却塔冷却水 5~8点 5~7点 3~5点  
修景水 5~8点 5~7点 3~5点  
渦流浴・温泉(循環式) 6~9点 6~8点 3~5点 5~8点
加湿器水(非加熱式) 7~11点 7~9点 6~8点  

レジオネラ属菌検査に関する詳細情報はこちら >>
 

トピックス一覧へ

ダウンロード
検査依頼書
食と環境の科学センター
【 豊海研究所 】
〒104-0055
東京都中央区豊海町5-1
豊海センタービル4F
TEL: 03-3534-2970
FAX: 03-3534-2975

【 立川研究所 】
〒190-8535
東京都立川市高松町1-100-38
TEL: 042-525-3176
FAX: 042-525-3645
簡易専用水道専用
TEL: 042-525-3186

【 市ヶ谷本院 】
〒102-8288
東京都千代田区九段南4-8-32
市ヶ谷本院5F
TEL: 03-3238-2137
FAX: 03-3238-2153
関連施設
ページの先頭へ戻る