一般財団法人 東京顕微鏡院 > 公益事業 > シンポジウム > 平成18年度の開催実績

平成18年度の開催実績

シンポジウム

医療の未来、日本の未来[なぜ日本では高度先端医療が遅れているのか?

シンポジウムPDFを表示日本国内で利用できる先端医療機器は、欧米・アジア諸国と比べても大きく遅れています。

この現状を打開するには、日本の医療制度の問題点を抜本的に是正する必要があります。高度先端医療が日本においても普及するよう、皆さんと共に目指すべき方向を考えたいと思います。

>> メディカル・シンポジウム 開催に先駆けて、「提言書」を掲載しました!

 

シンポジウムPDFを表示◆メディカル・シンポジウム記録集ができました

2007年3月14日に行われたこのメディカル・シンポジウム「医療の未来、日本の未来[なぜ日本では高度先端医療が遅れているのか?] 」の記録集ができました。ぜひご一読ください。

日時 2007年3月14日(水)10:00~17:30(会場:9:30)
会場 経団連ホール(>> Map
(東京都千代田区大手町1-9-4 経団連会館14階 TEL.03-5204-1500)
内容

 ● 午前の部

【挨拶】

下村 満子
医療法人社団 こころとからだの元氣プラザ 理事長
財団法人東京顕微鏡院 理事長

>> 挨拶の内容を見る(PDF:167KB)

「これからの新しい医療」

堂本 暁子
千葉県知事

>> 講演の内容を見る(PDF:194KB)

◎基調講演
「我が国の医療危機を救うためには国民的議論が必要」

折茂 肇
健康科学大学学長
医療法人社団「こころとからだの元氣プラザ」学術顧問

>> 講演の内容を見る(PDF:543KB)

◎基調講演
「日本とドイツの医療システムの違い」

南 和友
日本大学医学部心臓血管外科教授
ボッフム大学永代教授

>> 講演の内容を見る(PDF:449KB)

 

 ● 午後の部:パネルディスカッション

 【パネリスト】

天野 恵子

千葉県衛生研究所所長
千葉県立東金病院副院長

 

菅原 道仁

医療法人社団北原脳神経外科病院診療部長

 

 

西村 周三

京都大学理事・副学長

 

 

ジョン-ルック・ブテル Jean-Luc Butel

メドトロニック社アジア・パシフィック担当上級副社長

 

 

中村 雅美

医療ジャーナリスト
日本経済新聞社編集委員

 

 

 【モデレーター】

田辺 功
医療ジャーナリスト
朝日新聞東京本社編集委員

 

 

下村 満子
医療法人社団こころとからだの元氣プラザ 理事長
財団法人東京顕微鏡院 理事長

 

>> パネルディスカッションの内容を見る(PDF:854KB)

定員 450名
参加費 無料
主催 医療法人社団こころとからだの元氣プラザ / 財団法人東京顕微鏡院
AdvaMed (Advanced Medical Technology Association)米国先進医療技術工業会
お問合せ お問合せ:医療法人社団こころとからだの元氣プラザ
財団法人東京顕微鏡院 公益事業室

 

どうするニッポン人の食生活!~真の食育を考える~

日時 2006年9月29日(金)18:30~21:00
場所 新橋ヤクルトホール
講師
シンポジウムPDFを表示

 

 

 

●基調講演

小泉 武夫 (東京農業大学 応用生物科学部 教授)

●パネルディスカッション

【パネリスト】

小泉 武夫 (東京農業大学 応用生物科学部 教授)

板倉 弘重 (茨城キリスト教大学 生活科学部食物健康科学科 教授)

足立 己幸 (女子栄養大学 名誉教授、名古屋学芸大学大学院 教授)

大森 安恵 (東京女子医科大学 名誉教授、第40回日本糖尿病学会 会長)

【パネリスト&モデレーター】

金丸 弘美 (食環境ジャーナリスト、オリザジャポニカクラブ代表)

定員 550名
主催 財団法人東京顕微鏡院 / 医療法人社団こころとからだの元氣プラザ

 

東京顕微鏡院Youtube公式チャンネル
社会貢献活動
学会・研究会活動
日本食品微生物学会
日本カンピロバクター研究
公益事業室
一般財団法人 東京顕微鏡院
公益事業室

TEL: 03-5210-6651
FAX: 03-5210-6671
検査のお申し込みはこちら
食と環境の科学センター
関連施設
ページの先頭へ戻る