一般財団法人 東京顕微鏡院 > 公益事業 > シンポジウム > 平成22年度の開催実績

平成22年度の開催実績

シンポジウム

食のシンポジウム 「食品表示を学んで、食生活に役立てよう!」

PDFを表示

PDF:2.7MB

近年、産地偽装などの不適正表示問題により、消費者の食品表示に対する関心が高まっています。また、食生活の変化により、冷凍食品や調理済食品などの加工食品を利用することが多くなりましたが、その食品表示については、判りにくい点が多いのも現状です。

そこで本シンポジウムでは、食品表示の正しい読み取り方とその最新情報をご紹介したいと思います。ぜひ毎日の食品選択にお役立てください。

本シンポジウムの講演録を作成いたしました!詳細はこちら

日程 2010年12月11日(土) 13:00~17:00 (開場12:30)
会場 明治安田生命ホール
(東京都新宿区西新宿1-9-1)
内 容

 ◆ オープニングトーク

日和佐 信子  「食品表示 ~ここが問題~」

  日和佐 信子
  雪印メグミルク株式会社 社外取締役、 内閣府消費者委員会委員

 

 ◆ 基調講演

山本 宏樹  「食品表示の現状と食品安全」

  山本 宏樹
  社団法人日本冷凍食品協会 常務理事

 

梅垣 敬三  「健康・栄養情報や健康食品との付き合い方」

  梅垣 敬三
  独立行政法人国立健康・栄養研究所 情報センター長

 

堀口 逸子  「アレルギー表示について」

  堀口 逸子
  順天堂大学医学部公衆衛生学教室・医学博士

 

 ◆ パネルディスカッション

テーマ 「食品表示を上手に利用するにはどうしたらいいのか?」

【コーディネーター】 日和佐 信子

【パネリスト】 山本 宏樹, 梅垣 敬三, 堀口 逸子, 中村 祥典 (消費者庁食品表示課課長補佐)

主催 財団法人東京顕微鏡院
医療法人社団 こころとからだの元氣プラザ
後援 消費者庁、東京都、日本栄養士会、東京都栄養士会

 

東京顕微鏡院Youtube公式チャンネル
社会貢献活動
学会・研究会活動
日本食品微生物学会
日本カンピロバクター研究
公益事業室
一般財団法人 東京顕微鏡院
公益事業室

TEL: 03-5210-6651
FAX: 03-5210-6671
検査のお申し込みはこちら
食と環境の科学センター
関連施設
ページの先頭へ戻る