ノロウイルス検査PCR法

ノロウイルスは、以前より小型球形ウイルスあるいは(SRSV)と呼ばれ知られてきました。ノロウイルスの感染には食品を媒介するもの(食中毒)とヒトからヒトへの感染があります。

食中毒の原因食品は、養殖段階でノロウイルスに汚染された牡蠣などの二枚貝がありますが、二枚貝以外に調理食品、パンなど様々な食品もあります。

後者の場合、ノロウイルスを保有していた食品従事者が食品にノロウイルスを汚染させたことが原因となっております。ノロウイルス対策として、従事者の糞便検査をはじめ、食品のノロウイルス検査が重要です。

ノロウイルス

当科学センターでは、ノロウイルス対策として、食品従事者の糞便検査をはじめ、食品のノロウイルス検査を行っています。

検査内容

糞便中のノロウイルス検査

※食品(未加工二枚貝など)⇒詳細はこちら

検査方法

遺伝子検査法

食安監発第1105001号 別添 「ノロウイルスの検出法について」(平成15年11月5日) リアルタイムRT-PCR法(Reverse Transcription-Polymerase Chain Reaction)法;逆転写-PCR法

ノロウイルス検査用容器(PCR法専用容器)

検査対象者

食品製造従事者等、学校や福祉施設等の給食製造者 など
有症者の方、感染有無の確認が必要な方、感染後職場復帰等で検査を必要とする方、その他検査を必要とする方。

検査目的

  1. 食品取扱い従事者の健康管理と二次汚染による食中毒の防止
  2. 厚生労働省大量調理施設マニュアルに基づく検査
  3. 文部科学省学校給食安全法に基づく検査
  4. 保健所の指導に基づく検査 

検査概要

個人のお客様

検査方法 リアルタイムRT-PCR法
検査必要量 説明書を同封しておりますので、そちらをご覧下さい。
実施方法 お近くの窓口で受付いたします。
受付窓口:豊海、市ヶ谷、立川
窓口によって受付時間が異なります。別途ご確認ください。
ご報告 基本受付日の翌営業日後に電話でのご連絡(陽性の場合)となります。
(立川のみ:11時までの受付分を当日報告)

※受付時間、受付検体数、受付窓口によって報告日が延びる場合があります。必ず事前にご確認ください。
検査料金 6,000円(税別)
※当日検査は立川のみ、9時~11時の受付となります

企業・学校(法人)様

検査方法 リアルタイムRT-PCR法
検査必要量 説明書を同封しておりますので、そちらをご覧下さい。
実施方法 予めご契約させていただきました企業・学校様は、お近くの窓口持込または宅配便(冷凍指定)でのご提出が可能となり、まとめてご請求書を発行させていただきます。
ご報告 ご契約内容でのご報告となります。
※受付時間、受付検体数、受付窓口によって報告日が延びる場合があります。必ず事前にご確認ください。
検査料金 別途御見積させていただきます。

お申込方法

直接お電話でお問い合わせください。 立川研究所 TEL:042-525-3176

なお、検便検査キットノロウイルス検査キットのネット販売も行っております。

※お急ぎの場合は、ご相談ください。可能な限り対応いたします。
※その他、企業様単位で定期ご実施の場合、別途お見積りさせていただきます。

ご参考

お問い合わせ先
一般財団法人東京顕微鏡院 立川研究所 電話 042-525-3176( 代表 )

お電話でのお問い合わせ