一般財団法人 東京顕微鏡院 > 公益事業 > シンポジウム

シンポジウム

オンデマンド配信New!
東京顕微鏡院 創立130周年記念シンポジウム
新型コロナウイルス感染症とは~新しい日常で、いま私たちにできること

皆さんご承知のとおり、世界中で新型コロナウイルス感染症が猛威をふるっています。日本では緊急事態宣言が 解除されたとはいえ、依然、予断を許さない状況が続いています。
国内のワクチン接種も2021年10月末現在、2回目の接種率が67.01%となりましたが、3回目の接種が検討される状況です。
新型コロナウイルスに感染しないために、また、数年後に起こりうるパンデミックに備え「新しい日常」でいま私たちにできることを、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

配信日時 オンデマンド配信中 
受講方法

YouTubeによるオンデマンド配信
YouTubeによるライブ配信東京顕微鏡院公式チャンネル

事前にお寄せいただいた質問を踏まえて、パネルディスカッションを行います。

※質問は1月20日(木)に締め切らせていただきました。
 いただいた質問すべてにお答えできない場合がございます。ご了承ください。

内容

新型コロナウイルス感染症とは
  ~新しい日常で、いま私たちにできること

ご挨拶

中村 哲也
こころとからだの元氣プラザ 統括所長 

講演:近年の新興感染症

渡邉 治雄 渡邉 治雄
国立感染症研究所 名誉所員〈元所長〉
公益財団法人黒住医学研究振興財団 理事長

講演:COVID-19のこれまで、そしてこれから

尾身 茂 尾身 茂
独立行政法人地域医療機能推進機構 理事長
新型コロナウイルス感染症対策分科会 会長

講演:新型コロナウイルス感染症への対応について

大曲 貴夫 大曲 貴夫
国立国際医療研究センター
国際感染症センター長・理事長特任補佐
東京都新型コロナウイルス感染症モニタリング会議 専門家

講演:来たるべきパンデミックへの対応について

舘田 一博 舘田 一博
東邦大学医学部微生物感染症学講座 教授
日本臨床微生物学会 理事長
新型コロナウイルス感染症対策分科会 構成員

パネルディスカッション

座長:渡邉 治雄 氏
パネリスト:尾身 茂 氏、大曲 貴夫 氏、舘田 一博 氏(ご登壇順)

受講費 無料
主催 一般財団法人東京顕微鏡院 / 医療法人社団こころとからだの元氣プラザ
後援 厚生労働省、東京都、健康日本21推進全国連絡協議会、
日本医師会、東京都医師会
東京顕微鏡院Youtube公式チャンネル
社会貢献活動
学会・研究会活動
日本食品微生物学会
日本カンピロバクター研究
公益事業室
一般財団法人 東京顕微鏡院
公益事業室

TEL: 03-5210-6651
FAX: 03-5210-6671
検査のお申し込みはこちら
食と環境の科学センター
関連施設
ページの先頭へ戻る