一般財団法人 東京顕微鏡院 > 食と環境の科学センター > 食品等の検査 > 微生物学的試験検査 > ノロウイルス検査のご案内

ノロウイルス検査のご案内

微生物学的試験検査
ノロウィルス

 

ノロウィルス

ノロウイルスの感染には食品を媒介するもの(食中毒)とヒトからヒトへの感染があります。

食中毒の原因食品は、ノロウイルスに汚染された牡蠣などの二枚貝がありますが、二枚貝以外に調理食品、パンなど様々な食品もあります。

後者の場合、ノロウイルスを保有していた食品従事者が食品にノロウイルスを汚染させたことが原因となっております。ノロウイルス対策として、従事者の糞便検査をはじめ、食品のノロウイルス検査が重要です。

当科学センターでは、ノロウイルス対策として、食品のノロウイルス検査、食品従事者の糞便検査などを行っています。

検査内容

食品(未加工二枚貝など)
※糞便中のノロウイルス検査 ⇒詳細はこちら

検査方法

・リアルタイムRT-PCR法


※詳しくは左記までお気軽にお問合せください。

ご参考

ダウンロード
検査依頼書
食と環境の科学センター
【 豊海研究所 】
〒104-0055
東京都中央区豊海町5-1
豊海センタービル4F
TEL: 03-3534-2970
FAX: 03-3534-2975

【 立川研究所 】
〒190-8535
東京都立川市高松町1-100-38
TEL: 042-525-3176
FAX: 042-525-3645
簡易専用水道専用
TEL: 042-525-3186

【 市ヶ谷本院 】
〒102-8288
東京都千代田区九段南4-8-32
市ヶ谷本院5F
TEL: 03-3238-2137
FAX: 03-3238-2153
関連施設
ページの先頭へ戻る