一般財団法人 東京顕微鏡院 > 食と環境の科学センター > 食品等の検査 > 海外向け輸出食品に関する分析のご案内

海外向け輸出食品に関する分析のご案内

人口減少下で、国内の食品市場規模は縮小することが見込まれている一方、人口増加や経済成長に伴い、世界の食糧需要は2015年の890兆円から2030年には1,360兆円に増加する見込みです。
日本の農林水産業が発展するためには、さらなる輸出拡大が不可欠であるとの観点から、「農林水産物及び食品の輸出促進に関する法律」(輸出促進法)が成立し、令和2年4月1日に施行されました。
農林水産物・食品の輸出を行うためには、当局の規制への対応が必須です。
当センターでは、米国、台湾、香港、EU向けの栄養成分分析の他、サルモネラ属菌、リステリア・モノサイトゲネス等の食品微生物項目、無機ヒ素等有害物質、さらには放射性物質等の検査を受託しておりますので、お問い合わせください。

栄養成分分析

輸出国 検査項目 輸出国 検査項目
米国輸出セット 基礎成分+食物繊維 ※1 台湾輸出セット 基礎成分 ※2
飽和脂肪酸 飽和脂肪酸
トランス脂肪酸 トランス脂肪酸
コレステロール 糖類 ※5
糖類 ※5 香港輸出セット 基礎成分+食物繊維 ※3
ビタミンD 飽和脂肪酸
カルシウム トランス脂肪酸
糖類 ※5
カリウム EU輸出セット 基礎成分+食物繊維 ※4
飽和脂肪酸
糖類 ※5

※1 熱量、たんぱく質、脂質、炭水化物、糖質、食物繊維(酵素-重量法)、水分、灰分、ナトリウム
※2 熱量、たんぱく質、脂質、炭水化物、水分、灰分、ナトリウム
※3 熱量、たんぱく質、脂質、有効炭水化物(糖質)、食物繊維(酵素-重量法)、水分、灰分、ナトリウム
※4 熱量、たんぱく質、脂質、炭水化物、糖質、食物繊維(酵素-重量法)、水分、灰分、塩分(ナトリウム換算)
※5 ショ糖、ぶどう糖、果糖、麦芽糖、乳糖、ガラクトース

 

放射性物質検査

検査項目 ヨウ素-131(I-131)
セシウム-134(Cs-134)
セシウム-137(Cs-137)

農林水産省の「輸出食品等に対する放射性物質に関する検査の実施機関」です。

残留農薬検査

インドネシア向け植物由来
生鮮食品(りんご、なし)
ボスカリド ブプロフェジン
シフルトリン/β-シフルトリン シプロジニル
デルタメトリン エトフェンプロックス
イミダクロプリド マラチオン
ピラクロストロビン スピノサド
テブコナゾール  

2016年3月23日付けインドネシア農業大臣決定第438号により、インドネシア向け植物由来生鮮食品(青果物、茶等)の輸出にかかる検査機関に登録されました。

有害物質

検査項目 鉛、カドミウム、無機ヒ素、スズ、アンチモン、
総クロム、メチル水銀 他

 

微生物項目

検査項目 リステリア・モノサイトゲネス、サルモネラ属菌、
細菌数、大腸菌群、大腸菌 他

 

ダウンロード
検査依頼書
食と環境の科学センター
【 豊海研究所 】
〒104-0055
東京都中央区豊海町5-1
豊海センタービル4F
TEL: 03-3534-2970
FAX: 03-3534-2975

【 立川研究所 】
〒190-8535
東京都立川市高松町1-100-38
TEL: 042-525-3176
FAX: 042-525-3645
簡易専用水道専用
TEL: 042-525-3186

【 市ヶ谷本院 】
〒102-8288
東京都千代田区九段南4-8-32
市ヶ谷本院5F
TEL: 03-3238-2137
FAX: 03-3238-2153
関連施設
ページの先頭へ戻る